IT機器をお手頃価格で手に入れるコツ

IT機器をお手頃価格で手に入れるコツ

IT機器ではキーボードは人間工学に基づいたもの

アルファベットのAはどの手のどの指で入力するでしょうか。人によって違いがあると思いますが、ブラインドタッチをするのであれば、左手の小指で入力することになると思います。キーを見ながら入力する人なら右手の人差し指のこともあるでしょう。ではそれ以外の手、指を使うことはあるかですが、ほとんどありません。そして、その他のキーにおいても、どの手、どの指で入力するかは決まっていると思います。身につけるときにそのように練習しているからです。

IT機器において、キーボードに関しては、通常のものはキーがかたまって配置されています。そのため、右手でタッチするキーと左手でタッチするキーが並んでいることもあります。アルファベットの一番上において、Tは左手でタッチしますが、Yに関しては右手でタッチすることになります。右手と左手の動きの効率からすると、微妙に効率が悪くなる部分が出てきます。人の手を自然においたとき、動かすときにあわせると、もっとキー入力がしやすくなります。

そこで、人間工学に基づいてより入力しやすくなったものがあります。通常一塊になっているキーが左手用、右手用ではっきり分けられています。両者には一定の空間が開いていて、それぞれのキーも微妙な配置がなされています。その位置だと、より指を動かさずにキータッチが出来るようです。慣れるとかなり入力はしやすくなります。こちらに慣れすぎると、通常のものの入力時に支障をきたすことがあるかもしれません。

PICK UP! サイト情報

Copyright (C)2017IT機器をお手頃価格で手に入れるコツ.All rights reserved.