IT機器をお手頃価格で手に入れるコツ

IT機器をお手頃価格で手に入れるコツ

IT機器においてキーボード以外での入力の課題

電子ブックがある大学で配布されていると聞きました。それによって、教科書などはその中に入れておくことが出来ます。大学では教科書をたくさん持ち歩き、辞書も必要です。それが簡単な機器で行えるのは便利なことです。電子ブックといいながら、そのほかにもいろいろな用途があります。ネットワークに接続をして、インターネットの閲覧をすることができます。またパソコンとしても使えますから、ノートを取るように文字を入力することもできます。

これらのIT機器において、原則としてはキーボードが付かない状態で販売されています。では文字の入力はどうするかです。それは、画面上に表示される支援システムを利用することになります。パソコンと同じようなキーが表示されて、そちらをタップすることで入力することがあります。ディスプレイが大きなものでしたらそれでもよいですが、小さなスマートフォンではキーを全て表示することが出来ません。そのために独自の仕組みを利用しているところもあります。

基本は携帯電話などで行う文字入力と似ています。うと入力したければあをタップします。するとあ行が入力できるので、その中からうを選ぶことになります。そのあとに単語がいくつか出てきて、その中から言葉が選べるタイプもあります。慣れてくればこちらでも入力は可能です。しかし、今までパソコンで入力している人にとっては、かなり効率が悪いと感じると思います。より入力しやすい仕組みが出来ると、そちらが主流になるかもしれません。

Copyright (C)2017IT機器をお手頃価格で手に入れるコツ.All rights reserved.